スマートフォン版へ

盛岡ジャンボ焼鳥食べ比べ

  • 2019年08月13日(火) 18時00分

皮はパリパリ、噛めば脂がじゅわっと


 夏の盛岡競馬場がおおいに盛り上がった。

 まずは7月15日の海の日。騎手交流のジャパンジョッキーズCに、JpnIIIのマーキュリーCが行われた。前年の海の日にも同じレースが組まれていたのだが、入場者は前年比で1.4倍近い7430人。2014年のJBC盛岡開催以来、約5年ぶりに武豊騎手が盛岡で騎乗した効果もあったようだ。開門前から入場を待つファンが長蛇の列となり、帰りは盛岡市街へ下る道路が大渋滞となったらしい。

 さらに8月12日、山の日の振替休日。お盆休みの連休といったほうがいいかもしれない。武豊騎手に加え、今度は藤田菜七子騎手も来場。日本の競馬界のスーパースター揃い踏みだ。

 なにしろ菜七子さんにはヤングジョッキーズシリーズの騎乗だけでなく、クラスターCで騎乗するコパノキッキングでは、日本の女性騎手による史上初のダートグレード制覇という歴史的瞬間が見られるかもしれないというプレミア感もあった。残念ながら3着に負けてしまったが、入場者はマーキュリーC当日に迫る6944人。キッチンカーのグルメなどは早々に売り切れ、屋台村なども長蛇の列だったらしい。

 「だったらしい」というのは、海の日も山の日振替休日も、ぼくはグリーンチャンネルのスタジオで中継の解説だったので、残念ながら現地には行けなかった。

 さて、本題。盛岡競馬場といえば、ジャンボ焼鳥だ。初めて盛岡競馬場に行くという人がいれば、“まずこれ食え!”は、ジャンボ焼鳥だろう。ただし。上記のような特異日はジャンボ焼鳥やさんも長蛇の列なので、食べるのには相当な覚悟と根性がいるのだが。

 そのジャンボ焼鳥やさん、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング