スマートフォン版へ

年末SP『実家で太論』(2) “小牧騎手を一番知る人物”がお稲荷さん持参で宴に参加!?

  • 2019年12月24日(火) 18時01分
太論

▲宴が進むなか、園田時代の先輩ジョッキー・簗瀬悟志(やなせ・さとし)さんが登場!


『実家で太論!』第2弾は、園田時代の先輩ジョッキー・梁瀬悟志さんとの思い出トーク。小牧騎手が18歳の頃からのお付き合いという簗瀬さん。小牧騎手が「昔の俺を一番知っている人」という間柄です。はたしてどんなエピソードが飛び出すのか…。太ファン必読の対談です!(取材・文:不破由妃子)

太はどんなに成績が上がっても、絶対に天狗にならんかった


簗瀬 おお、お疲れさん。お土産にお稲荷さん持ってきたで。

小牧 いつもありがとう。簗瀬さんは、元園田のジョッキーでね。ビソウエルシドで重賞も勝ってるんやで。俺、簗瀬さんには、昔からものすごくお世話になってん。園田にいるとき、いっつも柳瀬さんの家で鍋を食わせてもらったりして。あちこち連れて行ってもらったしね。今は宮崎で家業を継いでんねん。お稲荷さんのお店でね。『いなりヤナセ』といったら、このへんでは有名なんやで。

太論

▲太ママが「ここのお稲荷さんを食べたら、ほかのはもう食べられない」と絶賛する『いなりヤナセ』のいなり寿司


孝子 ここのお稲荷さんを食べたら、ほかのはもう食べれないもん。悟志くん、今ね、太くんは昔からホンマに優しい性格やっていう話をしててん。

簗瀬 ああ、太は昔からそういう性格や。太が18歳で、俺が21歳のころに出会ったけど、その頃からホンマにいい子やった。後輩やけど、なんか優しくしてもらった覚えがあるわ。

小牧 そんな性格でここまでジョッキーを続けてこられたのは、やっぱり曾和先生のおかげやで。曾和先生に「お前は優しすぎるから、どないかせなアカン」言われて。「もっとズル賢くなれ」と。それで、心を鬼にした時期があったから、今の俺があんねん。

簗瀬 そうかもしれんなぁ。

小牧 昔の俺を一番知っているのは、簗瀬さんかもしれんね。

簗瀬 うん。でもね、ある意味、太が羨ましかったよ。俺より年下やったけど、いい馬に乗って、重賞とかもバンバン勝ってね。俺の場合は、みんなほかの人に乗られて…。ウチもいい厩舎だったけどね。

小牧 鴨林厩舎やね。老舗のいい厩舎やった。

簗瀬 うん。ウチもすごい厩舎やったけど、そのときは石川昇さんっていうすごいジョッキーがおったから。

小牧 そうかぁ。石川昇さんといったら、52、3歳まで現役を続けた伝説のジョッキーやもんね。

簗瀬 なにしろ天神乗りしとったんやから。もうあの人は伝説や。田中道夫さんが20歳くらいのときは、石川さんの天下やった。

小牧 そうやね。「よう50歳を過ぎて乗ってるな」って言うてたのが、今は俺がその年になってんねんで。ある意味、すごいやろ。

簗瀬 やっぱり時代やわ。太の年代で乗っているのが、まだ周りにもおるからね。あの岩田(康誠騎手)だって、もう45歳やろ? 

小牧 うん。そういえば、簗瀬さんは康誠の兄弟子やもんね。

簗瀬 清水(正人)厩舎時代のね。俺は、アイツのおかげで今の仕事になった(苦笑)。あんなに巧い弟弟子が入ってきたら、とてもじゃないけど、俺にはいい馬は回ってこない。

──小牧さんも、心の底から「あいつは天才だ」って言ってましたもんね。

小牧 デビューしたときから、もうすごかったんや、アイツは。

簗瀬 うん。みんな天才って言っとった。それこそ、田中道夫さんも言うとったから。

小牧 あれはもう天性のものやね。

簗瀬 お尻をトントン付く騎乗も、中央ではアイツがやり始めたんでしょ?一時期、若手を中心にみんなが真似しとったけど、あれは岩田やからできる技なんやけどなぁと思って見てたわ。

──小牧さん曰く、簗瀬さんは「昔の俺を一番知っている人」とのことですが、簗瀬さんが感じた“ジョッキー・小牧太”の凄みは?

簗瀬 太の凄みかぁ。そうやなぁ、昔から……ない(笑)。

小牧 そうそう、凄みはないねん。自分でもわかってる。でもね、凄みがないのが凄みかもしれん。

簗瀬 そうかもね。技術は当然あったけど、シルバーブリットで初めて重賞を勝って覚醒した感じで。勝てる馬を勝たせる強さを身に付けたというかね。でも、どんなに勝とうが、リーディングを何度獲ろうが、太は一度も天狗になったことがない。太はそういうヤツや。

小牧 園田の話をしていて思い出したけど、吉田(勝彦アナ)さん、辞めんねん。確か来年の1月9日の開催が最後やったかな。めっちゃ若く見えるけど、もう82歳やもんね。

簗瀬 あの人の喋りは本当に独特で、中央の記者たちも記事にしとったもんなぁ。誰にも真似できん言うて。

小牧 「小牧太が必死だー!!!」ってね(笑)。引退セレモニーがあるらしいんやけど、俺、行こうと思ってるよ。簗瀬さんも行こうや。

簗瀬 うん。でもなぁ、俺のことはもう覚えとらんよ。

小牧 覚えてるって! 絶対に憶えてる。

簗瀬 太が引退するときは、絶対に競馬場に行こうと思ってるけど…。

小牧 来年か再来年か、あるいは5年後か6年後か…。俺はまだまだわからんよ(笑)。

簗瀬 うん。今日話していて、(小牧騎手の引退は)当分ないなと思った。だから、俺の競馬場行きも当分お預けやな。

太論

▲凄みがないのが凄みかもしれん

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング