スマートフォン版へ

【日経新春杯予想】人気注目馬が2、3着で少し配当が上がるパターンも視野に

  • 2022年01月14日(金) 18時00分

今年の日経新春杯はステラヴェローチェの出走が話題だが…


 今年の日経新春杯はステラヴェローチェの出走が話題に。明け4歳、前走GI好走というのはこのレースの良いパターン。ハンデ戦だが前走重賞組は好走してきた馬が強いし、不良馬場だったとはいえ同じコースの神戸新聞杯を勝っているのも心強い要素だ。ただ脚質的に勝ち切る前提の馬券は買いづらい。この馬が2、3着で少し配当が上がるパターンも視野に入れたい。

 4歳ではヨーホーレイクが戦線復帰。皐月賞、ダービーともステラヴェローチェに先着されているうえにこちらは休み明けなので上の扱いはできないが、潜在能力は上位。次に繋がる競馬を期待したい。

 クラヴェルはエリザベス女王杯3着からの参戦。11戦連続で掲示板に載っている馬でその安定味が魅力。展開が向く必要はあるが、極端な競馬が得意な横山典弘騎手とは相性が良い。外差しのきく展開・馬場なら牡馬相手でも十分やれる。

 フライライクバードは初古馬オープンのアルゼンチン共和国杯が3着。このレースは前走条件戦組が強いのだが今年は該当馬が不在。前々走準オープン勝ちのこの馬はニュアンス的に近いし、このコースで2、1、1着なのも良い。

 ショウナンバルディは評価の難しいところ。逃げだけの馬ではないが、前走は人気薄だったこともプラスに働いていたはずで、ある程度注目されるようになると再度の逃げ粘りはききづらい。他の戦法でどうかだが、距離延長と斤量増はなかなか容易でないハードルだ。

 血統面ではダノンマジェスティ、オープンに上がってからの歴の浅さではトラストケンシンにも面白いところがあるが、この2頭はともに7歳馬。7歳以上馬は過去10年[0-0-0-42]なので、軸にはせずヒモで検討したい。

 他に複穴ではマイネルウィルトスあたり。チャレンジCでは最先着だし、アルゼンチン共和国杯と札幌記念の内容を考えるとこのメンバーでは実績上位とも言える。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング