スマートフォン版へ

【東海S予想】1年の中で僅か2レースしか設定されていない中央ダートGIレースの相対的な価値の高さに注目

  • 2022年01月19日(水) 18時00分

毎年のように「前走中央ダートGIレース出走馬」を買うだけで儲かるカラクリは中央ダートOP路線の歪な番組構成にアリ


 1年間の中で様々な距離やコースや年齢や性別などのカテゴリー別に数多くの中央GIレースが設定されている芝路線に対して、どちらもオールマイティーな施行条件で年齢も性別も問わずに出走できるフェブラリーSとチャンピオンズCという僅か2つの中央GIレースしか設定されていないのが今の日本競馬のダート路線となっています。

 それによって芝路線では一口にGIレースといえども、昨年のエリザベス女王杯みたく実態は並のGIIIレベルのレースという低レベルレースも出現することがありますが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ライブドア競馬ブログアクセスランキングで1万ブログ中1位に輝いた実績もある人気ブロガー。独自レースレベル判定にもとづき、世間で過小評価されている“妙味馬”を見つけることに定評あり。すべてのレースの映像をチェックし、配当妙味のある馬を狙うという予想スタイル。各馬固有(厩舎や騎手など人も含む)のプロファイリングポイントに基づいた、激走タイミングにある狙い馬を発掘。馬券に役立つ情報を提供していきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング