スマートフォン版へ

落馬した息子を案ずる父「気が気じゃなかった」

  • 2022年04月19日(火) 18時01分
日曜日の福島では、騎乗馬の故障により加矢太騎手が落馬。大事には至らず、ホッと一安心といったところですが、騎手の世界へ導いた父である小牧騎手は、「やっぱ怖いね…」と本音を吐露。今回は、改めて受験を勧めたきっかけとなった出来事を語ってくれたほか、先週のニホンピロマリブのレースについて振り返ってくれました。(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

父親である自分が勧めた道「やっぱり怖いね」


──加矢太騎手、ケガがなかったようでよかったですね(4月17日・福島4R・障害4歳上未勝利・ブルベアぺスカ競走中止)。

小牧 うん、元気ですよ。気持ち的には落ち込んでいるやろうけど、日曜日の落馬は仕方がない。馬が骨折してしまったからね。それにしても、何があるかわからんね。

──パトロールを見たら、加矢太騎手が動かなかったので、心配になりました。

小牧 ああ、脳しんとう気味になっていたらしいよ。でも、そのあとちゃんと検査をして、なんともなかったみたい。ホントによかったよ。

──小牧さんはどこでレースを見ていたんですか?

小牧 日曜日は騎乗がなかったから、久しぶりに広島の友達のところに行ってたんです。グリーンチャンネルが観られる環境ではなかったから、レースを見るためだけに福山の場外馬券場(DASH福山)に行ってね。落ちたところが映像に映ってなくて、どこに行ったんやろ…と思いながら見てたわ。気が気じゃなかったけど、レースのあと、すぐに連絡がきて。やっぱり怖いね。僕が勧めた道やから、大ケガでもさせたらと思うと…。

──現在、加矢太騎手には『with佑』にご出演いただいていますが、そもそも受験することになったきっかけは、岩田康誠騎手が調教コースにある障害を飛ばしているのを見て、小牧さんが「あ!」と閃いたことだったそうですね。『with佑』を読んだファンから、「それってどういう状況ですか? 経緯などをもっと詳しく知りたいです」というリクエストが『太論』にきていました。

小牧 一時期ね、なんか康誠がたまに障害を飛ばしたりしてたんやわ。どういう目的で乗っていたのかはわからんのやけどね。

──平地のジョッキーが調教で障害を飛ばすこともあるんですね。

小牧 いや、ないよ。康誠以外は見たことがない。そのときもたまたま見ていただけなんやけど、「あ、そうか。誰でも練習することはできるんやなぁ」と思ってね。障害免許は持ってないから、もちろんレースには出られへんけど、僕だって練習しようと思えばできるんやなって。

──そこで閃いたわけですね。

小牧 そうそう。で、JRAに確認したら、そういう免許制度があることがわかって。昔からあったみたいやね。スピードは違うけど、せっかく障害馬術の世界で頑張ってきたんやから、レースも乗れるんちゃうかと思ったわけです。まぁそんな経緯で僕が勧めたもんやから、ケガをせんといいなぁと思って。まぁ日曜日のような落馬はね、騎手やったら仕方がないというか、避けられんことやけど。平地のレースでも、馬が故障したらどうしようもないもんね。

──そうですよね。なんにせよ、ケガがないように祈るのみです。では、先週のレースについて。ニホンピロマリブ(4月16日・阪神7R・4歳上1勝クラス・芝2400m・8番人気11着)は、いい感じで直線に向いたように見えましたが。

小牧 一瞬、見せ場というか、いいところを見せたんやけどなぁ。

──持ったままで外から上がってきて、これはきたかなと思いました。

小牧 そうやね。でも、坂で止まってしまった。もうちょっとゆっくり乗ったほうがよかったのかなぁ。でも、なんせペースが遅かったからね。

──向かい風が強かったとはいえ、1000m通過65秒9の超スロー。実際、前々での決着でしたものね。

小牧 うん。坂が堪えたのか、距離なのか…。最後はパッタリ止まってしまった。やっぱり距離なのかなぁ。4コーナーの感じはすごくよかったからね。

──では、ユーザーからの質問をふたつほど。「先日、川田騎手が直線で落馬。ケガがなくて何よりでしたが、珍しい落馬だなと思いました。鐙が外れたとのことですが、レース中に鐙が外れることって珍しくないのですか?」。

小牧 珍しくないよ。ただ、外れて落馬したのは、あんまり見たことがないけどね。おそらくスコーンと抜けてしまったんやろうね。追っているときだから余計ですわ。僕も外れることはあるけど、入れ直す余裕があるときがほとんど。タイミングが悪かったんやろうね。

──続いては、「いつも応援しています。いつか小牧騎手にプレゼントを贈りたいと思っています。どんなものがうれしいですか? 今までもらって一番うれしかったもの、印象に残っているプレゼントがあればぜひ教えてください」。

小牧 ほしいのは…、祝福のキスかな(笑)。

──セクハラでーす(笑)! しかもこの質問をくれた方、男性だと思いますよ。

小牧 あぁ…(苦笑)。誕生日とかバレンタインとか、いつもファンの方からいろいろいただいてます。ワインとか、下着とか、靴下とかが多いかな。どれも本当にうれしいから、一番は選べないね。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング