スマートフォン版へ

「一度使って気持ちが乗ってくれば」長年のパートナーが復帰! さらに目撃情報を兼ねた質問も…。

  • 2022年06月21日(火) 18時01分
太論

▲これまで14回コンビを組んでいるドルチェリア(ユーザー提供:ななみさん)


先週は、長年のパートナーであるドルチェリアが復帰。結果は9着でしたが、休み明けを考慮すれば次が楽しみになる内容で、小牧騎手も「頑張ってる」と労い、一度使ったことによる変わり身に期待感を滲ませました。このほか、ユーザーからの質問を2つほどピックアップ。温泉で筋肉ムキムキのボディを目撃されていた小牧騎手、はたして反応やいかに!?

(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

筋肉質ではないけれど…普通の人よりはいい体してるよ(笑)


──先週土曜日にはドルチェリアが復帰(6月18日・東京9R・三浦特別・14番人気9着)。5カ月半ぶりの実戦でしたが、9歳となった走りはいかがでしたか?

小牧 年齢のせいかもしれんけど、なんか馬がおとなしくなりすぎていたね。以前は難しいところのある馬やったけど、今回はメンコを外していたでしょう。それもちょっと気合いを入れるために外したんですわ。ただ、思ったより頑張ってくれた。絞れていたのがよかったね。

──マイナス30キロの504キロでした。

小牧 うん。前回の休養から戻ってきたときは明らかに重たかったから、絞れたのは大きかった。

──小牧さんが乗るようになってから初めて1400mを使いましたが、その選択は?

小牧 距離もね、ちょっと気合いを入れるために使ったらしい。僕は乗っていなかったけど、調教が全然アカンかったらしいので。一度レースを使ったことで変わってくれたらいいね。

──小牧さんがほしいのは1着ということは重々承知の上ではありますが、掲示板に載る力はまだまだありそうだなと。

小牧 そうやね。手応えからして最後はもうちょいくるかと思ったけど、年齢を思えば十分頑張ってる。一度使って気持ちが乗ってくれば、もう少しやれるんちゃうかな。

──では質問を2つほど。「もうすぐ夏競馬ですね。以前、小倉に滞在されていたというお話をされていましたが、今年も滞在の予定はありますか? 自分は小倉住みの太ファンなので、ぜひ滞在してほしいです」。

小牧 ひょっとしたら何週間かは滞在するかもしれん。牧田厩舎の九州産の2歳を頼まれているので、調教を兼ねてね。

──そうでしたか。牧田厩舎にはときどき騎乗されていますね。なにか特別なつながりがあるんでしたっけ?

小牧 牧田くんとは友達や。彼がジョッキーのときから、ずっと友達やったで。ゴルフ仲間やね。小倉は去年も滞在したけど、どうにも時間が有り余ってね。森一馬とゴルフばっかり行ってたわ(笑)。でもまぁ、滞在して調教に乗ったことがレースにつながることもあるから、今年も期間を決めて行こうとは思ってます。

──続いては、目撃情報を兼ねたこんな質問です。「先日、草津の天然温泉でお見掛けしました。お声掛けしようかなとも思ったのですが、プライベートの時間ですし、コロナ禍でもあるので、心のなかで“まずは1勝! 頑張ってや”と応援しました。次にお見掛けしたときは声を掛けてもよいですか? そのとき、筋肉ムキムキだったのに驚愕。騎手というとヒョロヒョロのイメージだったので驚きました。これだけ筋肉質だと体重を減らすのも大変でしょうね。ちなみに体脂肪率はどのくらいなのでしょうか?」。しっかり目撃されていますね(笑)。

小牧 いっつも近所の風呂でチョロチョロしてるから(笑)。加矢太がデビューしてからは、「頑張ってんな!」とか、声を掛けてくれる人が増えたわ。たぶんね、それ以前から僕だってみんな気づいてたんやと思う。気づいていたけど、声は掛けられへんかったんやろ。

──質問をくれた方も「次にお見掛けしたときには声を掛けてもよいですか?」と。

小牧 全然いいよ。「違います」って言うから(笑)。

──出た(笑)。「体脂肪率はどのくらい?」とのことですが、確か計ってないんですよね?

小牧 最近は全然計ってないなぁ。脂肪がたくさんあるから…。

──いやいや、筋肉ムキムキで驚いたそうですよ。

小牧 ああ、それなりにいい体はしてるから(笑)。でも、ジョッキーにしては僕は痩せてないし、筋肉質でもない。筋肉を付けたくてもなかなか付かへん。腹筋も割れへんし、体質的に筋肉が付きづらいんやと思うわ。それでもやっぱり、長年継続して鍛えてるからね。普通の人よりはいい体してるよ。さて、今日もこれからトレーニングに行ってきますわ!

(文中敬称略)
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング