スマートフォン版へ

川崎コースなら雪辱のチャンス/川崎記念

  • 2017年01月31日(火) 18時00分


◆波乱の可能性は低そう

 向こう正面からスタートしてコーナーを6回通過する2100m戦は、極端な逃げ・追い込み馬よりも自在性のある馬の好成績が目立つ。

 このレースの過去10年間における1・2番人気馬の成績は「10・4・4・2」と波乱の可能性は低く、今年はJRAから6頭の有力馬が挑戦し、地方馬のハッピースプリント・ケイアイレオーネはどこまで健闘できるかというところか。

 ◎サウンドトゥルーは2番人気になった東京大賞典は大外枠が響いて3着に敗れたが、自在性の生きる川崎コースなら雪辱のチャンスだ。

 ○オールブラッシュの昨年は「3・4・1・1」と成長ぶりが目立ち、中間の調教内容もよく、2連勝の勢いに乗って重賞に挑む。

 ▲ケイティブレイブは前走の名古屋グランプリは太目の馬体で2着に敗れたが、武の手綱で川崎コースなら優勝の可能性は高い。

 ×ミツバは中央のオープン戦を連勝しての挑戦になるが、調教の動きはよく、乗り慣れた横山で軽視はできない。

 注コスモカナディアンは条件戦を勝ったばかりだが、川崎コースは向くはず。

 △ハッピースプリントは乗り慣れた吉原が、どんなレースをするか楽しみだ。

◎12サウンドトゥルー
○09オールブラッシュ
▲08ケイティブレイブ
×07ミツバ
注04コスモカナディアン
△10ハッピースプリント

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家・作家(日本推理作家協会会員)。競馬記者から麻雀プロに転向して第6期最高位のタイトルを獲得。著作に「ダービーを盗んだ男」「天才騎手」などがある。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング