スマートフォン版へ

エリザベス女王杯は実績馬とノーザンF生産馬が中心

  • 2019年11月09日(土) 20時00分
 前回11月3日のWIN5は323万4690円の配当で決着。3レース目のみちのくS(福島11R)を単勝オッズ18.1倍のダイシンバルカンが、5レース目のみやこS(京都11R)を単勝オッズ18.7倍のヴェンジェンスが勝ったことで、配当が跳ね上がりました。

 ちなみに、前回11月3日のWIN5対象レースはすべて古馬(3歳以上)の競走でしたが、勝ち馬はレース順に5歳→5歳→7歳→5歳→6歳。4歳以下の馬がひとつも勝てなかったのは2016年7月31日以来で、およそ3年3か月ぶりの珍事です。

 WIN5は馬齢の若い馬やキャリアの浅い馬を高く評価するのがセオリー。もちろん、それはある程度オッズ(配当)にも反映されるわけですが、高齢馬や出走数が多い馬を積極的に狙うメリットはほとんどありません。ただ、例外は多々ありますし、先週はその例外が集中した形。このあたりの匙加減が難しいところであり、予想の醍醐味とも言えます。

 明日11月10日のWIN5は総出走頭数が82頭、総組み合わせ数が116万1216通り(土曜12時現在)。総組み合わせ数は前回11月3日(35万9424通り)の3倍以上で、今年5月5日(125万3376通り)以来の百万通り超えとなりました。

◆福島記念は馬齢や枠順に注目したい

 1レース目は3歳以上3勝クラスの奥多摩S(東京10R)。3歳、かつ実績上位のルガールカルムらが上位人気グループを形成するでしょう。

 2レース目は3歳以上3勝クラスの修学院S(京都10R)。こちらも3歳のエスポワール・ゴータイミングあたりが注目を集めそうです。

 3レース目は3歳以上GIII、ハンデキャップ競走の福島記念(福島11R)。土曜12時の時点ではクレッシェンドラヴ・ミッキースワローの2頭に支持が集まっていました。

 4レース目は3歳以上オープン、ハンデキャップ競走のオーロC(東京11R)。比較の難しいメンバー構成で、上位人気勢の支持はやや割れるかもしれません。

 5レース目は3歳以上GIのエリザベス女王杯(京都11R)。こちらは土曜12時の時点だとクロノジェネシス・ラヴズオンリーユーが人気の中心で、ラッキーライラックが続いています。

[伊吹式WIN5ランキング 2019年11月10日版]

1位 京都10R 8.エスポワール
2位 東京10R 6.ルガールカルム
3位 京都11R 8.クロノジェネシス
4位 東京11R 16.プールヴィル
5位 福島11R 12.ミッキースワロー
【以上すべての馬を買うと1点買い】

6位 福島11R 9.ステイフーリッシュ
7位 福島11R 4.アドマイヤジャスタ
8位 東京11R 9.ジョイフル
9位 京都11R 11.ラヴズオンリーユー
【以上すべての馬を買うと12点買い】

10位 東京10R 8.レノーア
11位 京都10R 9.イェッツト
12位 福島11R 10.クレッシェンドラヴ
13位 東京11R 4.トゥザクラウン
14位 京都11R 2.ラッキーライラック
【以上すべての馬を買うと144点買い】

15位 東京10R 5.ナランフレグ
16位 京都10R 13.ゴータイミング
17位 福島11R 14.アロハリリー
18位 福島11R 8.マイネルファンロン
19位 東京11R 2.ウインストラグル
20位 東京11R 11.ムーンクエイク
21位 東京11R 15.エントシャイデン
22位 京都11R 16.スカーレットカラー
【以上すべての馬を買うと1296点買い】

23位 京都11R 18.レッドランディーニ
24位 東京10R 4.アダムバローズ
25位 京都10R 12.ヴァンケドミンゴ
26位 京都10R 7.ワイプティアーズ
【以上すべての馬を買うと3600点買い】

 5レース目のエリザベス女王杯(京都11R)は臨戦過程を素直に評価したい一戦。「前走の条件がGI・GIIのレース以外だった馬」は2013年以降[0-1-0-27]、「前走の着順が8着以下だった馬」は2013年以降[0-0-0-25]と、それぞれ苦戦していました。

 また「“前年以降、かつJRA、かつGI・GIIのレース”において優勝経験がない、かつ生産者がノーザンファーム以外だった馬」も2013年以降[0-0-0-43]。実績馬とノーザンファーム生産馬を重視すべきでしょう。

 さらに「馬齢が5歳以上だった馬」は2013年以降[0-1-1-47]。面白そうな伏兵もいますが、やはり3歳のクロノジェネシス・ラヴズオンリーユーを高く評価したいところです。

 3レース目の福島記念(福島11R)も若い馬が優勢。「馬齢が4歳以下だった馬」は2013年以降[4-2-2-8]と安定しています。

 また「枠番が1〜2枠だった馬」も2013年以降[5-1-4-14]と信頼できる印象。実績上位のステイフーリッシュ・ミッキースワローあたりだけでなく、好枠を活かせそうなアドマイヤジャスタもマークしておいた方が良いかもしれません。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラム、『週刊アサヒ芸能』、『競馬王』などさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超!“ミスターWIN5”のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ、『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ、『ウルトラ回収率』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング