スマートフォン版へ

ここに狙いを定めたフジノドラマ/東京シンデレラマイル

  • 2016年12月29日(木) 18時00分


◆フジノドラマ・トーセンセラヴィ・リンダリンダの主力争い

 昨年は2番人気のブルーチッパー(森)が逃げ切り、ララベル(1番人気)は2番手から2着に粘り、順当な結果だった。

 今年もフジノドラマ・トーセンセラヴィ・リンダリンダの主力争いと見たが、ノットオーソリティをはじめモダンウーマン・プリンセスバリューにもチャンスはありそう。

 ◎フジノドラマは大井9勝の実績に加え、マイル戦は5戦無敗。前走の1400m戦は距離不足で苦戦したが、ここは狙いを定めた重賞である。

 ○トーセンセラヴィは8連勝のあとJRA馬相手のレディスクラシックで3着と健闘し、中間の動きの良さからも負けられない一戦といえる。

 ▲リンダリンダは東京プリンセス賞1着など重賞3勝の実績を持ち、中間の動きも良くなっており、距離短縮なら楽しみは大きい。

 ×ノットオーソリティは早め先頭に立ち5着のクイーン賞で復調気配を見せ、中野騎手も3度目の手綱で軽視はできない。

 注モダンウーマンは叩かれての良化が見込め、好枠を引いて怖い存在だ。

 △プリンセスバリューは自在の脚があり、展開次第では上位も可能。

◎15フジノドラマ
○14トーセンセラヴィ
▲05リンダリンダ
×12ノットオーソリティ
注02モダンウーマン
△10プリンセスバリュー

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家・作家(日本推理作家協会会員)。競馬記者から麻雀プロに転向して第6期最高位のタイトルを獲得。著作に「ダービーを盗んだ男」「天才騎手」などがある。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング