スマートフォン版へ

3歳長距離GIに波乱はあるのか!? 菊花賞注目馬の追い切り情報!

  • 2018年10月17日(水) 18時00分

美浦所属馬3頭も栗東に入厩


 今週の栗東トレセンは15日の月曜日は調教を行い、16日の火曜日がレクリエーションのため全休日というスケジュール。よって、17日は全休日明けなので、本来なら追い切りは少なくなりますが、16日は菊花賞、富士Sに出走予定の馬は調教可能だったこともあり、休日返上で調整し、17日の最終追い切りに備えるという陣営がほとんどでした。

 そして、栗東には3頭の美浦所属馬も入厩しており、菊花賞出走予定馬の追い切りでかなり賑やか。正直、どの馬も動きが目立っていて、その選択に頭を悩ませることになりそうですが、富士Sもなかなか面白そうなレース。今週の追い切り特報で取り上げた馬が好走してくれると馬券的妙味はかなりあると思います。

【菊花賞/ジェネラーレウーノ】

 先週の1週前追い切りを終えてから、栗東へ移動。最終追い切りはCWというメニューになりましたが、追い切るまでの時間、内馬場でしっかりと運動している様子を見て、美浦でも調教欄に掲載されないところでの運動量が豊富なんだろうと感じました。

 CWに3コーナー手前から入場して、4Fの単走追い切り。本来なら高い評価はできませんが、あれだけしっかり運動しているのなら、全く問題ないでしょう。むしろ4F51.2〜3F37.1〜1F11.6秒という内容は素晴らしいと評価するしかありません。南Wであれだけ動くのも納得ですし、あとはこの馬がどんな競馬をするかによって、レースの流れが大きく左右されそうです。

ジェネラーレウーノ

南Wで素晴らしい動きを見せたジェネラーレウーノ


【菊花賞/グレイル】

 1週前追い切りは小崎綾也騎手が跨って、CWでの併せ馬。時計はこの馬にしては平凡でしたが、動き自体は迫力満点。フットワークがダイナミックなこともあり、とにかく併せ馬だと良く見える印象しかありません。

 しかし、最終追い切りは単走。前半をゆっくり進めたこともあり、時計は6F85.3〜5F68.9〜4F53.0〜3F38.0〜1F12.0秒とあまり速くありませんでした。併せ馬でもあまり闘争心を出す馬ではありませんが、単走だと余計にそんなところがあります。気性的には明らかに長距離向きだと思いますし、だからといってズブいタイプというわけでもありません。最終追い切りでは前回と同じく、岩田康誠騎手がしっかり感触を確かめていますから、あとはジョッキーがどのような判断をして騎乗するかでしょう。

グレイル

気性的に長距離が向きそうなグレイル


【菊花賞/コズミックフォース】

 美浦所属馬ですが、オウケンムーンとともに栗東滞在。先週の時点でも栗東で追い切りを消化しているので、今週は落ち着き十分といった感じでCWでの2頭併せを行っています。こちらは浜中俊騎手、オウケンムーンは北村宏司騎手が跨っての追い切りということになりました。

 まず先週の時点ではコズミックフォースの動きが目立っていましたが、今週は逆。追いかけたのがコズミックフォースというのは先週と同じでしたが、ゴール前での手応えに余裕があったのはオウケンムーン。これはちょっと意外でした。ただ、先週以上に環境に慣れたということから体調がアップしているのはオウケンムーンと考えることができるかも知れませんし、いずれにせよ、レース直前までその雰囲気を確認してみたい印象があります。

コズミックフォース

栗東滞在でも落ち着き十分に追い切りを消化しているコズミックフォース(写真奥)


【菊花賞/アフリカンゴールド】

 春の時点から菊花賞を意識したくなる素材であることは、私のコラム等々を読んでいただいた方ならお分かりのはず。ここまで順調に、そして無事に駒を進めてくれてなによりという気持ちが大きいのが正直なところ。ただ、それでも走るたび、追い切るたびに馬が良くなっていて、その部分は私の想像を遥かに超えています。

 最終追い切りもテンを控える内容でしたが、脚をためる感じで距離はどんとこいの走法。だからといって脚が遅いわけではなく、最後の直線に向いて、スピードアップを促されるとスピードに力強さが加わった走りに。馬体にブレがなく、見ていて気持ち良くなるくらいの走りっぷりです。単走が続いているように、自分のリズムで走ることが最重要。それが叶えば、クラシック出走組への下剋上となりそうです。

アフリカンゴールド

長距離が向く走法ながらスピードもついてきたアフリカンゴールド


【菊花賞/メイショウテッコン】

 16日に坂路でのキャンターを行っていたので、17日に追い切ると思いましたが、CWを1周半というメニュー。前走神戸新聞杯時も火曜日全休で木曜日追いというスタイルだったので、そういった意味では同じパターンを選択したことになります。

 ここまで中間は2本の追い切りを消化していますが、坂路、CWともにどちらも時計の速い内容。前走が休み明けで追い切り本数が少なかったことを思えば、今回の方が明らかに密度の濃い調教内容になっています。最終追い切りのイメージとしては、きっと素晴らしい動きを見せると思っていますが、少々手控える内容になったとしても、中身自体は前走以上と思ってよさそうです。

メイショウテッコン

前走以上の状態で臨めそうなメイショウテッコン


◆次走要注意

・10/14 秋華賞【プリモシーン】(6人7着)

 人気ほど走れなかったというイメージを持つか、ゴールがあと何十mか先ならというイメージを持つか。それによって、この馬の評価は変わってくると思いますが、私は断然後者。輸送は全く問題なかったと思いますし、次は舞台次第で楽勝でしょう。

[メモ登録用コメント] [芝マイル]最終追い切り南Wでラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・富士S【ヒーズインラブ】

 前走は得意の中山マイルでも状態がひと息。それに比べると、今回は明らかに状態が上がっています。最終追い切りはディープミタカを追走しましたが、最後まで止まっていない相手を楽々と追い抜いたラスト1Fは11.5秒。府中マイルでも走れるところを見せてくれると思います。

ヒーズインラブ

前走から明らかに状態が上向いているヒーズインラブ(写真奥)



【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング