「ハロン」編集長の決断/斎藤修

お気に入り

お気に入り

登録済

大井に戻ってコパノリッキー/東京大賞典

2016年12月28日(水)18時00分

注目数:9人


◆現時点の能力で勝ち負けできるのは3頭

 ハッピースプリントまで含めてGI/JpnI勝ち馬が6頭と揃ったが、現時点の能力で勝ち負けができるのは、チャンピオンズCでワンツーのサウンドトゥルー、アウォーディー、それに今年だけで地方のJpnIで3勝を挙げているコパノリッキーの3頭だろう。

 本命は、ここ2戦でいいところがなかったコパノリッキー。敗因ははっきりしている。コーナーを6つも回る小回りの川崎コースや、乱ペースになったり出入りが激しかったりでごちゃついたレースになりやすいチャンピオンズCはコパノリッキーに向いていない。コパノリッキーには、直線が長く、広くてのびのび走れるコースが向いている。馬群がばらけやすいということも条件になるだろうか。大井2000mは【2-2-0-1】という成績だ。

 今回は...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

斎藤修
斎藤修
1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。